世界一周。 宿、食堂、一期一会。

HOME | ADMIN
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「旅々、沈々。」は変身し、引っ越しました。

生まれ変わった「旅々、沈々。」は
http://tabichin.dtp.to/

毎日更新しております。

旅の流れ。
2005年4月スタート
南北アメリカ大陸をスクーターで縦断。
アルゼンチンのカラファテで日本人宿の管理人。
カナダのバンクーバーから最東端までスクーターで横断。
北欧、東欧をスクーターで一周。
ニュージーランドをスクーターで一周。
オーストラリアをキャンピングカーで一周。←いまここ
スポンサーサイト
高額な支払いで便利な“Bank Draft”
カナダ/バンクーバー

bank

数千ドルの買い物をする場合、お店ならクレジットカードが使えますが、個人との売買(ネットとかの掲示板)のときは使えません。
そんなとき“Bank Draft(小切手)”を使うと便利です。
ボクらは、“Bank Draft”を使って、個人から中古スクーター(4,900カナダ$)を買いました。

【“Bank Draft”を発行してもらうには】
CIBC銀行の窓口で、VISAカードと身分証明書を二種類(パスポートと国際免許証)提示して、以下を窓口に伝えます。
一、旅行者なので、銀行口座を持っていないこと
一、支払い金額
一、相手先のフルネーム
一、自分の住所と電話番号

手数料は6.50カナダ$(4,900カナダドルに対して)でした。

【メモ】
SCOTIA銀行では、“Bank Draft”の発行を断られました。
RBC銀行では、手数料が15カナダ$と高かったです。

スリナム、首都パラマリボのリポート

【面積】南米で最小の独立国
【人口】南米で最少の独立国
【歴史】昔イギリスとオランダが、ニューヨークとスリナムを取り替えた。どちらが得だったんだろう
【物価】フランス領ギアナよりは安い。けど南米としては高いね
【人種】インド人が多い。中国人もたくさんいるけど。インド人の美人顔って好きになれない。黒人はバリバリいる
【食事】中華レストランが多いが、いつも閉まってる。インド料理、インドネシア料理もある。マクドナルド、ケンタッキーフライドチキンを発見
【中華】“火鍋”というレストランがバリ美味
【ネット】三軒発見
【他】カジノが多い。世界遺産あり
【食料】カップラーメンが安い
【建築】コロニアル調の建物がなくなり、二階に広いバルコニーがある木造建築が多い
【入浴】旧市街を流れる川というより、汚い用水路で肩まで浸かっている黒人を見た。怖かった
【食事に役立つオランダ語】
nasi ごはん →これってインドネシア語?
kip 鶏肉
私の妄想ですが、オランダにはご飯を表現する言葉がなかったのかも。植民地のインドネシアで食べられるご飯=ナシから、ご飯のことをナシと呼んだ可能性アリですね。
--たけぞう
なるへそ。
ご高説、承りまする。
オランダへ行って検証してみなくてはなりますまいまい。
たぶん、来年、ヨーロッパ第二弾。
--44
【安宿】TwenTy4/スリナム/パラマリボ

インフォメーションでもらった宿の一覧→

バルコニーがいい。
ビール等あり。
各種ツアーの案内あり。
ネットができない。

twenty4.jpg


【住所】Jessurunstraat 24 Paramaribo centrum, Suriname
【電話】420751
【URL】www.crozrootz.com
【料金】一人60スリナムドル/二人で100スリナムドル
バス・シャワー別
【両替】ベレン/ブラジル

ここが一番両替率がよかった(待たされたけど)
OUROMINAS
【住所】Trav. Pe. Prudencio, 61
【電話】3224-9237
【地図】

親父は話がわかる。レートの交渉ができます
TURVICAM
【住所】Av. Pres Vargas Beside HSBC
※HSBCの隣

BANCO DO BRASIL (TRAVELERS CHEQUES / DOLAR - EURO)
【住所】Av. Pres. Vargas.154
【電話】3212-6188

少しは相談にのってくれます
LUSOTUR
【住所】Av. Braz Aguiar. 471
【電話】3241-1011

FITA
【住所】Av. Pres. Vargas - Estacao das Docas
このコメントは管理者の承認待ちです
---
フランス領ギアナ、県庁所在地カイエンヌのリポート

地図→
安宿は一軒だけ→La Bodega
ネット屋は数件→地図参照
レストラン→中華レストランだらけ。比較的安いのは焼きそば
【歴史】元流刑地。「呪われた土地」「緑の地獄」と呼ばれてた
【悩み】不法移民と、金の盗掘者の増加(犯人はブラジルとスリナム)
【面積】北海道くらい
【噂】ベトナムレストランもあると聞いたけど、見つけられなかった
【美味い】やはりフランスだけあって、パンが美味い。高いけど、食事を安くすますなら、パンだね
【言語】やっぱフランス語。英語はほとんど通じない。フランス人は冷たい
【街】南米にありがちな、コロニアル様式の建物がない。比較的きれい
【人】真っ黒クロな黒人が多い。おっパリジェンヌって感じの女性もいる。中国人がやたら多い
【物価】とにかく高い。ちょっと飯食ったら、あっちゅう間に1,500円オーバー!!!! 信じられん
【他】SUZUKIのバイクが多い
【中国人】ボクらを同朋と勘違いして、中国語で話しかけてくるが違うぞ!
【乗り合いバス/渡し船/乗り合いタクシー】カイエンヌ(フランス領ギアナ)→サン・ローラン・ドゥ・マロニー(フランス領ギアナ)→アルビーナ(スリナム)→パラマリボ(スリナム)

●【乗り合いバス】カイエンヌ→サン・ローラン・ドゥ・マロニー
【出発時間】8時/3時 ※定員いっぱいになったら、出発
【料金】35ユーロ
【停留所】Mole通りとAvenue de la Liberte通りの角(下の写真の場所)
地図を参照
【注意!】サン・ローラン・ドゥ・マロニーの客引きが相当うるさいので、運転手にイミグレまで行ってもらい、イミグレの横の川まで、友達の船を呼んでもらうと面倒がない。
ついでにアルビーナからパラマリボまでの乗り合いタクシーも、船頭さんの友達を手配してもらうと、煩わしい客引きから逃れられます

bus.jpg


●【渡し船】サン・ローラン・ドゥ・マロニー(フランス領ギアナ)→アルビーナ(スリナム)
【渡し船の料金】5ユーロ
※荷物だけ積んで逃げる船がいるので、注意!
14時には、大型フェリーあり
【大型フェリーの料金】3.5ユーロ
10分くらいで対岸のアルビーナ(スリナム)です

hune.jpg


●【乗り合いタクシー】アルビーナ(スリナム)→パラマリボ(スリナム)
【料金】4人で乗れば、一人10ユーロ/ひとりなら40ユーロ
※乗った人数でシェア
【注意】イミグレに寄ってもらいましょう
【安宿】La Bodega/フランス領ギアナ/カイエンヌ

yado_cayenne.jpg


高いけど、この国ではこれでも安宿。
男子トイレの水洗レバーがわかりにくいため、いつも○んこが浮かんでいる。
ボクが流す。
エアコンがあまり効かない。
朝食はない。
英語が通じるスタッフもいる。

【住所】42 Avenue du General de Gaulle
【地図】
【料金】ドミ20ユーロ(らしい)/二人で35ユーロ(洗面所だけ付いている)
【船】オイアポケ(ブラジル)→St.(サン)ジョルジュ(フランス領ギアナ)
【料金】10ヘアイス
【乗り合いバス】St.(サン)ジョルジュ(フランス領ギアナ)→カイエンヌ(フランス領ギアナ)
【料金】40ユーロ
※イミグレに寄るように言うこと
※ホテルの前まで行ってくれる
ボクらは、白タクに乗った(40ユーロ)
【宿】マカパのバスターミナル付近の宿

バスターミナル前の道は右へ行っても左へ行ってもホテルがあります。
ちなみに一軒だけご紹介すると、
Hotel Marinho/Lan House
【電話】3251-2723
ネット屋も兼ねてます
安宿でしょう
【バス】マカパオイアポケ/ブラジル

9時/18時/(19時?不明)/24時出発
12時間後着。
【料金】57ヘアイス

セントロからバスターミナルへのバス料金、1.75ヘアイス
【バス/タクシー】マカパ(サンタナ港)→マカパのセントロ

【バス】2~3.3ヘアイス
【タクシー】78ヘアイス
※船が5時間半遅れたためバスに乗れず、タクシーに乗ってしまった。
途中、赤道を通ります。
記念碑あり。
【安宿】Hotel America Novo Mundo/ブラジル/マカパ

ネットなし。
隣との壁が薄い。
っていうか、穴が開いてた。

【住所】Coaracy Nunes 333 Centro, Macapa
【電話】96-3223-2819
【料金】一人15ヘアイス/二人で35ヘアイス
※朝食付き
【船】ベレンマカパ(サンタナ港)

【チケット売り場】“歩き方”の地図にある船着き場
【当日の集合場所】同上。ただここからタクシーの乗せられ、離れた船着き場に連れて行かれる(タクシー代は無料)
【料金】ハンモックは100ヘアイス(ハンモックは持参)
キャビンひとり150ヘアイス(130ヘアイスに値引きしてくれた)
【食事/売店】船内にあり(ビール、ジュース、スナック菓子)
※パンや果物を持ち込んだ
※水は無料
【キャビン】狭いけど、悪くない
ゴキブリが出るけど、天井からエアコンの涼しい風が流れて、過ごしやすい
コンセント付きだった(ない部屋もあるらしい)
【安宿】Amazonia/ブラジル/ベレン

ここは安い
ボクらは満室で泊まれなかった

【住所】Rua O de Almeida, 548 - Centro, Belem
【電話】91-3222-8456
【メール】hotelamazonia@globo.com
【料金】ドミ10ヘアイス/ダブル26ヘアイス

※ベレンの安宿Fortalezaは要注意。キッチン使用料を請求されたりして、評判がよくない。トラブルが多いそうだ
【宿】Ioamiaba Hotel/ブラジル/ベレン

※ベレンの安宿Fortalezaは要注意。
キッチン使用料を請求されたりして、評判がよくない。
トラブルが多いそうだ。

で、ボクらの泊まったホテルには、日本語のが堪能な、長渕剛が好きな大柄なホドリゴが勤務。
夜、スープとパンが無料。
一階にパソコン三台、2ヘアイス/30分。
二階にLANケーブル無料(にしてくれた)。
Wi-Fi。
オーナーのバイク、GOLDWINGが一階のロビーに自慢げに置いてある

ホドリゴ


【住所】Rua O de Almeida, 476 - Centro Belem - Para - Brasil
【電話】91-3230-1150
【URL】www.icamiabahotel.com.br
【ホドリゴのメール】rodragon84@yahoo.com.br
【料金】ダブル86ヘアイスを80ヘアイスにしてもらった(LANケーブルも無料にしてくれた)

【安宿】Amazoniaの詳細は→
【船】ベレンマカパ(サンタナ)/ブラジル

船はマカパ行きですが、実はサンタナという港で下船します。
サンタナからマカパまでは、20kmです。
バスに乗ると2ヘアイス。
※船が遅れた場合、タクシー(78ヘアイス)。
途中、赤道記念碑を通り過ぎます。

【料金】ハンモックの人は、100ヘアイス
キャビンは、ふたりで300ヘアイス(260ヘアイスに値引きしてくれた。たぶんもっと安くなる気がするけど…。狭い。エアコン、コンセント付き)
金曜日の18時発(16時から乗船)→翌日の18時着
食事は船内で、5ヘアイス。
※ボクらは、食べ物を持ち込んだ
チケット屋の親父曰く、
マカパ行きの船は現在二社が運行していて、週三便のみ(水、金、土。出発時間はそれぞれ違う)。
“歩き方”に載っているATLANTICA社はもうないと言ってたけど、本当かな?
チケットは“歩き方”の地図のマルタ、サンタレン行き船着き場で買いました。
当日、船着き場に集合して、タクシーの乗せられ(無料)、別の船着き場へ連れて行かれます。
【バス】サン・ルイス→ベレン
ブラジル

【料金】97ヘアイス
毎日一便20時発
翌朝7時着
【飛行機】カイエンヌ(仏領ギアナ)→マイアミ

【料金】1,400US$前後
※2008/04/03調べの4月末搭乗分(Travelocity等)
【飛行機】ニューヨーク→成田

【料金】500US$前後
※2008/04/03調べの4月末搭乗分(H.I.S.)
【飛行機】パナマリボ→ポート・オブ・スペイン(トリニダード・トバゴ)→マイアミ

【料金】300US$前後
※2008/04/03調べの4月末搭乗分(カリビアン・エアライン等)
【飛行機】ジョージ・タウン(ガイアナ)→ポート・オブ・スペイン(トリニダード・トバゴ)→マイアミ→ヒューストン→成田

ジョージタウン(ガイアナ)
↓朝10時半離陸(カリビアン・エアライン)
ポート・オブ・スペイン(トリニダード・トバゴ)11時40分着
↓同日14時50分離陸(アメリカン・エアウェイズ)
マイアミ18時50分着
↓翌日6時15分離陸(コンチネンタル・エアライン)
ヒューストン7時58分着(2時間43分)
↓同日10時50分離陸(コンチネンタル・エアライン)
翌日、14時20分成田着(13時間30分)

【料金】※税金等含まず
ジョージ・タウン(ガイアナ)→マイアミ(Travelocity)
239US$
マイアミ→成田(H.I.S.)
560US$
※2008/04/03調べの4月末搭乗分
【バス】バフェイリーニャス→サン・ルイス
ブラジル

バフェイリーニャス14時発
↓【料金】25ヘアイス
↓※たぶん一日数便
↓※ベレンへの直行便はない
サン・ルイス着6時半

途中、焼きトウモロコシが素朴で美味し(75センターボ)
【船】アティンス→バヘェイリーニャス
ブラジル

船バフェイリーニャス


アティンス2時半発
↓※毎日出発時間が変わります
↓【料金】船5ヘアイス
↓※4時間
↓※乾期は4WDでも行けるそうです
バフェイリーニャス6時着
※セントロまで歩いてすぐです
※サン・ルイス行きのバス会社まで、歩いて10分
【バス等】ジェリコアコアラ→アティンス
ブラジル

ジェリコアコアラ7時発
↓【料金】ジープ25ヘアイス
カモシン9時着

カモシン9時発
↓【料金】乗り合いタクシー30ヘアイス
↓※ウィークデーは25ヘアイス
↓※バスは15.5ヘアイス(19時発)
パラナイーバ11時15分着

パラナイーバ12時発
↓【料金】バス14ヘアイス
トゥトイア3時45分着

トゥトイア4時40分発
↓【料金】乗り合い4WD、5ヘアイス
Paulino Neves6時着

Paulino Nevesで宿泊
Paulino Nevesの宿の詳細は→

Paulino Neves 9時発
↓【料金】3人で130ヘアイス(日曜日だったので、チャーター便)
↓※レギャラージープなら一人10ヘアイス
Cabure10時着

Cabureからボート
↓※雨天、定期便は休み
↓【料金】ボートをチャーターすると、小型ボート40ヘアイス(大型ボート80ヘアイス)
↓※だいたい30分
↓※ここの船着き場に泊まれば→

30分でアティンス到着
【バス】フォルタレーザ→ジェリコアコアラ
ブラジル

フォルタレーザ10時30分発→ジェリコアコアラ5時着(料金37.5ヘアイス)
フォルタレーザ18時30分発→ジェリコアコアラ1時着(料金同上)
※Jijocaで4WD車に乗り換え
波打ち際を走り、それはそれは快感です

フォルタレーザのバスターミナルの2階のレストラン
Temos Diariamente Contra File 9.9ヘアイス(満足)
Temos Diariamente Executivo 6.0ヘアイス(食べてないから、詳細不明)
【バス】ナタル→フォオルタレーザ
ブラジル

※サルバドールからのバスが1時前後に着いて、乗り継ぎが可能な便です
15時発→23時着(料金85ヘアイス)
22時発→6時着(料金74へアイス)
23時59分発→8時着(料金85ヘアイス)

ボクらは最終便(23時59分発)のチケットを買い、荷物をバスターミナルへ預け(大きな荷物は3へアイス、小さい荷物は2ヘアイス)、暇つぶしにビーチ(バスターミナル前の38番のローカルバス/料金0.9ヘアイス/30分くらい)へ出かけました。
【宿】Pousada Vitoria
ブラジル/サン・ルイス

vitoria.jpg


旧市街の中。
LANケーブルでネット可(一時間2ヘアイス)。
朝食いいぞ。
キッチンあり。

【料金】ひとり40ヘアイス/ダブル60ヘアイス(本当は70ヘアイス)
【住所】Rua Afonso Pena, 98 Cep:65010-030 - Centro Historico
【電話】98-3231-2816/3221-7527
【メール】pousadavitoria@hotmail.com
【宿】Pousada Deusa
ブラジル/バヘェイリーニャス

宿バフェイ


船着き場から5分。
バス乗り場から7分。
この町にはネットが出来る宿はないかも。

【料金】40ヘアイス/朝食付き
【住所】Rua Major Galas, 08 Centro CEP:65590-000
【電話】98-3349-1133
【宿/レストラン】Pousada Da Luzia
ブラジル/レンソイス国立公園内

31レストラン


【料金】15ヘアイス/ハンモック8ヘアイス/朝食付き
【電話】91323187
【メニュー】エビ、魚、チキン、やぎ どれも15ヘアイス ライス、サラダ、ヘジョン付き
【ハイキング・ツアー】ガイド付き
マリオ礁湖(ラグーン、池)往復二時間
ポソダスペブラス(岩のプール。奇麗だと評判)往復二時間半
トロピカル礁湖 往復三時間
ラグーン・アット・ザ・ランチ 往復六時間
バイシア・グランデ・オアシス 片道7時間(二日間)
ケマダ・ドス・ブリトス・オアシス 片道10時間(二日間)
このコメントは管理者の承認待ちです
---
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

よし
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ご訪問ありがとう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。