FC2ブログ
世界一周。 宿、食堂、一期一会。

HOME | ADMIN
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォークランド諸島(マルビナス)
Falkland Islands/Islas Malvinas


このブログにフォークランド情報をまとめました
※特記の無い限り、情報は2007年10月に調べたことや体験に基づくもの、料金は一人あたりです
☆日記はココから→爆写 世界放浪が面白いほどわかるヅラ


宿の予約と、イギリスポンド(無理ならUSドル)の用意は必須です(ボク等は用意できなくて…)
キャンピングも可


フォークランド地図



上の地図のMt Pleasant Airportに飛行機は着きます
入国時には滞在先を聞かれるので、宿の名前を控えておいたほうがよいでしょう
客待ちしているタクシーは一台もいませんでした
※シーズン中はいるかもしれません
ボク等は入国にすったもんだしてたら、フォークランド諸島唯一の町スタンリーへ向かうバスが行ってしまいました
バス(FI Tour&Travel、「TRAVELBUS」と呼んでいます)は片道13ポンドまたは25USドル、48キロ約45分、宿まで行ってくれます
帰りも利用する場合には予約が必要です(電話:21775)
オフィスは地図参照
ボク等は結局、やや不機嫌な空港職員にお願いして、荷物運搬車に乗せてもらいました


イギリス(フォークランド)ポンドがないと、支払いに苦労します
ボク等はアルゼンチンのカラファテに住んでいたので、イギリスポンドが用意できませんでした
USドルもたったの570ドルだけです
手持ちのお金のほとんどがアルゼンチンペソで、これはまったく役にたちません
USドルやクレジットカードを受け付けないお店、宿、ツアー会社が多いです
トラベラーズチェックについては、利用していないのでわかりません
頼みの綱の銀行は一行だけですが、キャッシュディスペンサーがありません
窓口で交渉しましたが、お金は下ろせませんでした
さてボク等はどうなるのでしょう?


空港では、ひとつひとつ荷物チェックをされます
食べ物の持込に厳しそうです
持ち込み禁止食べ物一覧ポスターが貼ってありましたから…
帰国便に乗るとき、醤油を没収されました
※100ミリリットル以上の液体が駄目(液体が満杯でなくても、ボトルサイズが100ml超は駄目)だそうです




アルゼンチンが四の五の言っても、イギリス領です
ペソは一切使えません


【首都】
スタンリー(Stanley)/ポート・スタンリー(Port Stanley)
※アルゼンチン名はプエルト・アルヘンティーノ(Puerto Argentino)
海岸線の道路Ross Roadに銀行、郵便局、スーパー、大聖堂、警察となんでも揃っています


【地図】
下の地図をクリックすると拡大されます


フォークランド/地図



【人口】
2,970人(2006年調査)
※2003年時で2967人なので、三年間で3人しか増えていない
ということは、一年間に一人増
どうなんでしょう、この伸び率
地元紙“Pengin News”によると、人口2913人。微妙に違う
スタンリー以外に住んでいる人が、924人


【通貨】
フォークランドポンドとイギリスポンド
ツアー会社や安宿、B&Bは、USドルもクレジットカードも使えない所が多い


【ポンド】
1フォークランドポンド= 238円 くらい(2007/10/13現在)


【歴史】
1952年、イギリスの探検家ジョン・デイビス(John Davis)によって発見される
※アルゼンチンはこれを認めていない
※フエゴ島の先住民は、それ以前に上陸していたらしい船が見つかった
1761年、イギリスの司令官バイロンが領有権を主張
1763年、フランスが東フォークランドに入植
1767年(1768年?)、スペインがフランスを追い出す
1771年、スペインは領有権を放棄し、当時のアルゼンチンの領有を認める
1816年、アルゼンチン独立(スペインから島を引き継いだと主張)
1833年、イギリスが国旗を掲げ、イギリスの支配下におかれる
アルゼンチン政府は抗議


【出入国の扱い】
アルゼンチンとしては、フォークランドを自分の国土だと思っていますから、出国、入国のスタンプを押しません
ボク等はこの出国でアルゼンチンの滞在期限三ヶ月をリセットしようとしましたが、
当てが外れ、不法滞在になってしまい、アルゼンチンで文句を言われてしまいました


もちろんフォークランドの入国、出国スタンプは押されます


出国時に税金20ポンドあるいは45USドルの支払いが必要です


【面積など】
総面積12,173K㎡
※ちなみに東京都は2,102K㎡
東フォークランド島、西フォークランド島および、700余りの小さな島
最高峰は東フォークランド島にあるアスポーン山(754m)


【気候】
冷涼で風が強く雨が多い
2007年10月、歩くのが辛いほど風が強かった
夏のパタゴニアと変わらないじゃん


【経済】

羊毛は代表的な輸出品
漁業
アザラシ猟や捕鯨は中止している(イギリスだからね)
最近、油田が発見され、再びアルゼンチンが狙ってるんじゃないかと、ビビッているそうです


【交通】
マウント・プレザント空軍基地 (RAF Mount Pleasant) /国際空港
スタンリーから西へ約48km、ほとんど未舗装
イギリス空軍(The Royal Air Force(王室空軍))の基地だから、5キロもする小銃を持った兵士でいっぱい
アルゼンチンからのアクセス


ポート・スタンリー空港
フォークランド諸島では民用で唯一舗装された滑走路
各島へ飛ぶときに使う


【電源プラグ】
BF型


【銀行】
●銀行はひとつだけ(両替可)
Standard Chartered Bank
地図参照
住所:Ross Road、郵便局の並び
月-金 8:30-15:00
ATMがない
窓口でクレジットカードのキャッシングができました(ただし手数料3%と電話チャージ1.5ポンドがかかります)
両替はイギリスのポンド、USドル(1ポンド=2.14ドル)とユーロ(1ポンド=1.51ユーロ)のみ
両替手数料は1ポンド
トラベラーズチェックも可


フォークランド/銀行



【郵便】
郵便局はRoss Road沿い市庁舎建物内
日本への葉書は0.5ポンド
消印は日付だけの簡素なもので、ペンギンの絵などはない


フォークランド/郵便局



【観光案内所/ビジターセンター】
Jetty Visitors Center
地図参照


フォークランド/ビジターセンター



住所:Ross RoadとPhilomel Streetの角
インターネットあるけど一台だけで、10分1ポンドと高い


【フォークランド諸島の公式Webと呼んでいいのかどうか知らんけれど】

http://www.visitorfalklands.com/



【参考になるWeb】

http://wikitravel.org/en/Stanley_(Falkland_Islands)



【タクシー】
Stanley Taxis
電話:22600
Lowes Taxis
電話:21381


【スーパーマーケット】
FIC West Store
地図参照


フォークランド/スーパー



住所:Ross Road
営業時間:月-金8:30~20:00/土9:00~18:00/日9:00~17:00


【レストラン】
●Malvina House Hotel
住所:3 Ross Road
地図参照


●Upland Goose Hotel
住所:20/22 Ross Road


●Falklands Brasserie
地図参照


フォークランド/レストラン



フォークランド/レストラン/メニュー



住所:3 Philomel Street
電話:21159
Eメール:brasserie@horizon.co.fk


●Shorty's Diner
地図参照


フォークランド/Shorty's Diner



カレーライスや焼き蕎麦(チャウメン)が食えます
僕らは毎晩、ここで食ってた
住所:Snake Hill と Davis St East が交わるところ
電話:22861


【宿】
●Shorty's Motel
地図参照


フォークランド/Shorty's Motel



住所:Snake Hill と Davis St East が交わるところ
電話:22861
Eメール:
Wi-Fi 7.5ポンド(1パスワード毎)
ダブル:朝食付き45ポンド
シングル:朝食付き28ポンド
上記のShorty's Dinerがレセプションも兼ねています
朝食が9時半と遅いけれど、頼むと事前にパンとトースター、ジュース、バター、ジャムをくれるので、それを部屋で食べます


●Bennett House
地図参照


フォークランド/Scotia & Bennett House



住所:Allardyce st
電話:21191
Eメール:prill@horizon.co.fk
朝食付き25ポンド
シャワー・トイレ共同
オーナーCeliaさん、犬猫います
部屋きれい
朝食もたーっぷり


●Malvina House Hotel
地図参照


フォークランド/Malvina House Hotel



住所:3 Ross Road, Stanley
電話:21355
FAX:21357
Eメール:info@malvinahousehotel.com
Web:www.malvinahousehotel.com
朝食付きダブルルーム78ポンド
Wi-Fi 1日5ポンド、2日9ポンド
ジャグジー、サウナあり


●Upland Goose
住所:Ross Road 沿い
電話:21455
FAX:21520


●Kay McCallum's B&B
住所:14 Drury Street
電話:21071
Eメール:kay@horizon.co.fk
朝食付き1泊18ポンド
シャワー・トイレ共同
庭にテント可
オーナー気さく
安くてよいのだが、4ベッドしかないのですぐに一杯になってしまう


●Lookout Lodge
住所:Keil Canal Road
電話:22834
Eメール:lookout@horizon.co.fk
シングルが50部屋
1食付1泊15ポンド


【インターネット】
ZaKS


フォークランド/Zacs



住所:Fitzroy Road沿いのPhilomel StreetとHebe Streetの間
1時間8ポンド
月~金 8:30-12:00 13:00-17:00、土14:00-16:00


【土産物屋】
Capstan Gift Shop
Ross Road 沿い
スーパーの向かい
ここでシール(スタンプ)ありませんか?って尋ねたら、包装用のペンギンシールをくれた
ラッキー!


フォークランド/ステッカー



【古切手・模型屋】
Falkland Collectibles
地図参照
素敵な古切手コレクションやスタンプがたくさんある


フォークランド/切手



【スタンリー観光】
●フォークランド博物館
Museum


フォークランド/ミュージアム



ビジターセンターから2.5キロ
入場料3ポンド
地味に面白いけど、高いね入場料
昔の暮らしぶりのほかに、フォークランド紛争関係もあります


●カートメル・コテージ
Cartmell Cottage
1849年建造の民家
古い道具なども置いてあって可愛らしい
博物館で見学日時を予約します
博物館の入場料を払えば、こちらは無料


フォークランド/カートメルコテージ



●沈没船
Jhelum Shipwreck


フォークランド/Jhelum Shipwreck



●戦争記念碑
Battle Monument


フォークランド/Battle Monument



●解放記念碑(こんな訳ですみません)
Liberation Monument


フォークランド/Liberation Monument



●鯨の骨のアーチ
Whalebone Arch


フォークランド/鯨の骨のアーチ



●クライスト・チャーチ・カテドラル
Christ Church Cathedral
世界で最も南にある大聖堂


フォークランド/Christ Church Cathedral



●レディーエリザベス号
Lady Elizabeth
1913年に座礁した船
スタンリー湾の東の入り江にある
町から徒歩約1時間


フォークランド沈没船



●ジプシー湾
Gypsy Cove
マゼランペンギンのコロニーがある
レディーエリザベス号からさらに徒歩約30分


フォークランド/ジプシー湾



●靴のモニュメント?
スタンリーの町の入り口付近
誰かがジョークで置いたところ、その後増えたらしい


フォークランド/靴



【近郊へのツアー】
大きなツアー会社はありません
ペンギンコロニーなどは私有地となっており、そこのオーナーや代理店が4WDで連れて行ってくれます
10月中旬のこのときは、ジェンツー、マゼランペンギンが抱卵中、キングペンギンの雛が換羽中でした


●キドニー湾
Kidney Cove


エイドリアンさんの1万エーカー(40.47 km2)の土地を巡るペンギンツアーです
放牧された羊、牛を横目に道なき道を走り、美しい入り江付近のペンギンコロニーを見学します
不思議な世界です
高いけどオススメですな


フォークランド/エイドリアンの車



イワトビペンギン、ジェンツーペンギン、マゼランペンギンのコロニーがあります
中にキングペンギン、マカロニペンギンが紛れていることがあり、計5種類のペンギンが見られます


フォークランド/ペンギン



ツアーの申し込みは、エイドリアンAdrianさんへ電話しましょう
なんせエイドリアンさんの土地にペンギンが住んでいるのだから
電話:31001
Eメール:allowe@horizon.co.fk
昼食なし60ポンド、9時頃~15時半頃


キングペンギンはでかい
ペンギン/キングペンギン



海岸線は地雷地帯なので、歩かないように!
時々、牛が柵を越えて爆死するそうです
体重45キロ以下なら、地雷は作動しないけどね
ペンギンはこの地雷地帯を歩いて入り、また地雷地帯を歩いて巣に戻ります


フォークランド/地雷



●ボランティア海岸
Volunteer Beach


フォークランド/キングペンギン



フォークランド最大のキングペンギンのコロニーがあります
もちろんジェンツーペンギンやマゼランペンギンもいます
下の写真は、キングペンギンの子供です
人懐っこくて、すぐに寄って来ます


フォークランド/キングペンギン子供



ツアー申し込みは、
・Neil Rowlandsさん
電話:21561
※ボク等が電話したときは、不通
Eメール:falklandfrontiers@horizon.co.fk
・Patrick Wattsさん
電話:21383
Eメール:pwatts@horizon.co.fk
※ボク等が電話したときは、ルス電
・Sharon Halfordさん
電話:21155
Eメール:tenacres@horizon.co.fk
2人で222ポンド(昼食なし)
・DISCOVERY FALKLANDS
38 Ross Road
Eメール:discovery@horizon.co.fk
電話:21027
2人で200ポンド(昼食なし、コーヒーはくれました)
ボク等はここのトニーに案内してもらいました
途中の戦場跡などの説明も丁寧でよかった
町から片道約3時間、現地滞在約4時間(8:00~18:00)


●ヘリコプターの残がい
フォークランド紛争で撃墜されたアルゼンチンのヘリコプターの残がい
見せしめですね
上記のボランティア海岸へ向かう途中にあります


フォークランド/ヘリコプター



●ノースポンド
North Pond
海岸でジェンツーペンギン、マゼランペンギン、キングペンギンが見られる



申し込みは、
Gus and Paula
Eメール:ppe@horizon.co.fk
電話:52316 or 51316


●ダーウィン
Darwin
フォークランド紛争の激戦地
円形の牧畜用石垣の遺跡もあります


●グースグリーン
Goose Green
フォークランド紛争の激戦地


●世界で最も南にあるつり橋
グースグリーンから車で15分くらい

フォークランド/つり橋



●シーライオン島
Sea Lion Island
ゾウアザラシの島
イワトビペンギンなどもいる
マウントプレザン空港から飛行機を利用
宿は一軒だけ
行ってないので詳細不明


【ペンギンの問題】


フォークランド/ペンギン



イワトビペンギンが、フォークランド諸島で過去5年に30%も減少。
2000年、つがいが29万8496組
05~06年、21万418組と激減。
1932年には、つがいが約150万組いたと推定され、70年余の間に85%も減った計算になる。
ツアーガイドの話よると、最近では、種類によってはゆっくりと増えているとのこと




本編、日記はココ→爆写 世界放浪が面白いほどわかるヅラ



スポンサーサイト
【飛行機】リオ・ガジェゴス→フォークランド(Mount Pleasant)


【往路】土曜日13:45 Río Gallegos発→
15:05 Mount Pleasant着

【復路】土曜日14:10 Mount Pleasant発→
15:35 Río Gallegos着

【料金】US$ 172.28(ネット割引適用)

※ちなみにプンタ・アレーナスから飛ぶとUS$474.26もかかる

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

よし

よし
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ご訪問ありがとう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。